このページの先頭です
ここから本文です

2022.01.28お知らせ

季節の分け目、福を呼び込む節分料理で

2月3日は、旧暦で言うところの大晦日。
翌2月4日が「立春」にあたり、以降は暦上で春とされたところから、
季節の分け目、すなわち「節分」と呼称されています。
旧暦では季節の分かれ目、新暦では極寒の最中ということで、
いずれにしろ体調を崩しやすいシーズンです。

そんな「節分」を彩るエキマルシェ新大阪の商品たち。
恵方巻や恵方ロール、鰯を使った料理などが多数ラインナップされています。
恵方巻をはじめとした商品は、今だけしか販売していない限定商品です。
エキマルシェ新大阪の節分料理で、新春を、極寒を乗り越えましょう!

(おまけ)節分の恒例行事、「豆撒き」に関するお話
「鬼は外、福は内」という掛け声が一般的な豆撒きですが、
地域によっては「鬼も内、福も内」など、通常と異なった掛け声で豆撒きを行うこともあります。
掛け声が改められた理由は地域によって様々で、
・「鬼が改心して人間と共生した」という伝承があるから
・地域的に「鬼」と付く苗字(鬼塚、鬼崎 等)が多かったから
・江戸時代治めていた大名が「鬼」の付く苗字だったから(九鬼氏)
・江戸時代治めていた大名が「丹羽(にわ)氏」で、
 「鬼は外(おにわそと)」が「お丹羽、外(おにわ、そと)」と読めてしまい不謹慎だったから
など様々です。